ビナ女史と坂の上零の対談:コア技術のある日本の中小企業様、インドへいらっしゃい

こんな技術 求む!

 

1.エネルギー関連のコア技術、全般

 

2.公害、環境汚染を解決する技術(全般、広域に必須)

 

3.発電技術(石炭火力、風力、太陽光、その他自然発電、ゴミ発電、

      バイオ私財エネルギー、各種発電技術や製品)

 

4.インフラ事業(渋滞回避のノウハウ、道路工事、整備、建築、建設、

      不動産デヴェロッパー、都市開発)

 

5.ロジスティック物流、運送業(ものが的確に届くように)

 

6.あらゆる工場の自動化技術

 

7.鉄鋼、製鉄所、鉱山などでの工場の自動化

 

8.鉄鋼、スチールを造る際の、不純物除去技術

    (純度の高い鉄、線路にもなりうるかたいスチールをつくる技術)

 

9.発電所での、電力を貯めておく電池、装置、これに関連する技術

 

10.発電所内での発電した電力の無駄を防ぐ技術

 

11.CO2から新たにより多く発電する技術

 

12.同じ量の原料から、より多く発電する技術

 

13.ゴミやラバーなどから、ディーゼル油や、バイオ燃料を製造する技術

 

14.ゴミから肥料を造る技術、製品、共同事業

 

15.水の汚染を抜本的に解決する技術

 

16.海水を見ずにかえる技術で、コストに合う製品

 

17.医療機器(特に、極細のわワイヤーなど)

 

18.最先端医療技術

  (まだ国の許可、認証が取れておらず、研究中のものでもOK。

         インド側からの協力、投資もできる)

 

19.農業効率や質の高い作物を生産する農業技術に関するすべての技術

  (微生物や、ある種の光線を当てるなど)

 

20.一切の燃料やエネルギーのコスト削減につながる事業、製品、技術

 

21.家庭用の発電機、及び、自然エネルギー発電(フリーエネルギー)

   

22.強いコンクリートを製造する一切の技術、製品

 

23.発電した電力を保存できる装置、技術、製品。(発電所用と家庭用、業務用)

 

24.発電した電力を電池に入れて、持ち運びができる電池型、電力保存の技術、製品

メモ: * は入力必須項目です